Know how Dr.英美子の医療美容教室

[Vol.01]汗やニオイについて


気温や湿度が高まるとともに気になるのが汗やニオイですよね。
夏は特にドラックストアなどで販売されている制汗剤を使っている方は多いと思います。
そこでまずは、汗とニオイについてちょっと参考になるお話しをしますね。

◆「汗かき」と「多汗症」
汗をかくことは生理現象の一つで、上昇する体温の調節をする働きがあります。大量の汗をかく人は「私って多汗症?」と思っていませんか?しかし、大量の汗をかくこと=多汗症ではありません。

  汗かき・・・運動をした時や夏の暑い時期は体温調整にともない汗をかきます。その際、敏感に反応して大量の汗をかくことを「汗かき」といいます。
  多汗症・・・体温調整の必要がないのに大量の汗をかくことです。

◆「汗のニオイ」と「ワキガ」
汗のニオイとワキガは異なります。

まず、エクリン汗腺から分泌する汗にはほとんどニオイはありません。しかし、汗をかいたままにすると常在菌が増殖し「汗のニオイ」を引き起こします。これを私たちは「汗臭い」と感じます。
汗のニオイは汗をかいた時にすぐに拭き取ったり入浴することで解消できます。

一方、ワキガは鼻につんとくるようなニオイが特徴で、アポクリン汗腺からでる汗が原因です。
汗を拭いたり清潔に保ったとしてもワキガの根本的解決にはなりません。


同じような症状でも実は違いがあるんですね。また、その症状に合わせた対策や対処も大切です。
次回は汗やニオイの対策・対処法についてです。

Dr.英美子のワキガ・多汗症
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します