Know how Dr.英美子の医療美容教室

[Vol.03]コラーゲンとスキンケアの関係


これまでに、たるみやしわにはコラーゲンが欠かせないとお話をさせていただいておりますが、
前回は食事との関係、いわゆる「経口摂取」についてお話を致しました。
日ごろから、コラーゲンの源ともいえるたんぱく質を摂取することが大切ということをお伝えしましたが、
スキンケアではどうなのでしょうか。

まず、コラーゲンやヒアルロン酸配合といった化粧品をよく見かけますよね。
しかし、もともとの成分の分子が大きいため、実はスキンケアでは浸透しにくいと言われています。

そこで、成分チェック!
低分子化(ペプチド化)されたコラーゲンかどうかチェックしましょう。

ペプチドとは、コラーゲンからアミノ酸へ分解される前の状態を指します。
そのため、コラーゲン本来の成分がそのままお肌へ吸収されやすい状態なのです。
これは、化粧品に限らず、サプリメント(ドリンク)なども同様ですので、
併せて使用してみるのも良いのではないでしょうか。

スキンケアは日々のケアが重要となりますが、美容医療で自身のコラーゲンを促進し、
しわやたるみを改善する治療があることはご存知ですか?
次回は、美容医療の治療法についてお話致しますね。

Dr.英美子のしわ・たるみ
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します