Know how Dr.英美子の医療美容教室

[Vol.01]しわ・たるみの原因


25歳を過ぎたらお肌の曲がり角と言いますが、
お肌の老化はなんと18歳から始まっています!!

老化の原因はコラーゲンやエラスチンの減少です。
成長期のピークを迎えた18歳頃から少しつずつ老化が始まっており、
25歳くらいから目に見えた老化が出てくるという事です。

コラーゲンとは、分かりやすく説明すると
お肌のベットスプリングのようなもの。
コラーゲンは線維芽細胞から生まれるたんぱく質の一種です。

そのコラーゲンを繋ぎとめているのがエラスチンで、
コラーゲンをしっかり支えているおかげで
お肌に弾力を与えてくれます。

このエラスチンが不足し、コラーゲンを支えられなくなると
スプリング機能がなくなり、お肌のハリがなくなりますので、
シワやたるみの原因となります。

成長期はこのコラーゲンの生産がスムーズに行われ、豊富なのですが、
成長期を迎えた18歳以降は、この生産が年々減少していくのです。

若いから何もしなくて良い!とか、もう手遅れ・・・と諦めるのではなく、
このコラーゲンをいかにキープするかが大切です。
また、紫外線の影響や乾燥、ストレスなどもこの原因を引き起こしますので、
普段の生活習慣も見直しが必要ともいえます。

コラーゲンの大切さがわかったところで、次回からは、コラーゲンを守る為のスキンケアや食べ物、
美容医療についてもお話していきますね。

Dr.英美子のしわ・たるみ
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します