Know how Dr.英美子の医療美容教室

[Vol.03]皮膚科でのニキビ治療


ニキビができると、スキンケアを変えてみるなど、口コミなどで良いとされているものはとりあえず試す!
そういった経験の方が殆どで、医療機関では内服と外用だけではなく、「治療で治す」という認識が
まだ浅いようです。
間違った情報や知識でケアを行うと、なかなか完治せず、ニキビ痕にもなりかねません。

そのようにならないためにも、医療機関での治療方法をまずはご案内致します。

内服薬 抗生剤
ビタミン剤
漢方
ミノマイシン錠・ルリシン錠など
B2、B6、Cなど
十味敗毒湯エキス錠など
外用薬 抗生剤
尋常性ざ瘡治療薬
アクアチムクリーム・ローションなど
ディフェリンゲル
治療内容 ケミカルピーリング
光線・レーザー
その他
AHA、BHA、TCA
クロモライトなど
エレクトロポーションなど

医療機関ではこれだけの方法で治療を行っております。
 また、ニキビの種類や状態によって治療方法も異なりますので、次回からはニキビの種類について詳しく
ご説明させていただきます。

Dr.英美子のニキビ・ニキビ跡
Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します