KIDS LIFE Post byDr.Emiko-Jun 11, 2014
[Vol.07]汗をこまめにふくのが実はNG?子供の熱中症対策

そろそろ熱中症が気になる季節がやってきました。
雨が多いこの時期、外遊びをする機会は少ないですが、
湿った空気がこもる室内にいても熱中症の危険が高まりますので、気をつけてくださいね。

私たちの体は汗をかくことで体温調節をしてますが、
湿度が高いと汗をかいてもかわきづらく、熱が体にこもりがちになります。
室内の温度は50~60%に保つのが理想的
エアコンの除湿機能などを上手に活用してみくださいね。
もちろん、水分補給も大切です。
できれば「のどが乾いた」と感じる前に、こまめに水分補給をしたいものですが、 長い時間遊びに集中するお子さんもいらっしゃると思います。
大人が時々声をかけてあげてください。

さて、これからどんどん気温が高くなるにつれ、汗をかくことも増えてきます。
とくに、お子さんはちょっと動いただけで汗びっしょり!なんてことも多いでしょう。
そんな時に、汗を乾いたタオルなどでふいてあげると、皮膚表面についた水分と一緒に 汗も蒸発しやすくなりますし、涼しくなるのでおすすめです。

すぐに、体を冷やしたいときには、首やわきの下など太い血管があるところに、 タオルでくるんだ保冷材や冷たい飲料などをあててあげると、すっとクールダウンできます。

これから迎える夏本番を、熱中症に気をつけながら元気に過ごしてくださいね。

Dr.英美子の「美と健康」サポートサイトは美容医療・美容皮膚科について解説します